転職先が総合病院の場合は?

看護師転職 → 看護師転職-総合病院について

看護師転職-総合病院について

看護師の職場としてみた場合、総合病院はどんなところでしょうか。

「総合病院」とは、法律で定義された名称ではなく、概念的な通称ですが、「病院」と呼ばれるには、入院患者用のベッドが20床以上あることが必要であり、総合病院ももちろんこの条件をクリアしています。ベッド数が多く規模が大きいこと、診療科が多い病院が一般的に「総合病院」と呼ばれています。
看護師の転職先を選ぶポイント

総合病院における看護師の仕事内容で最も重要なことが、24時間体制で患者さんの状況をチェックする必要があるということです。ですから、総合病院の看護師求人は日勤だけでなく夜勤も当然ありますし、残業も発生します。

勤務時間が長くて不規則であると、敬遠されがちと思われるかもしれませんが、意外にも新人看護師には総合病院は人気が高く、新人看護師の求人自体も多いのです。

理由としては、まず研修制度の充実があります。総合病院は規模が大きい分、看護師の数も多いため、勉強会や研修といったイベントが開催される事が多く、新人看護師にとっては非常に勉強になります。

加えて、看護師の数が多いということは、経験豊富な先輩も多いわけで、知識や技術を吸収する環境も充実していると言えるでしょう。患者さんの数も多いので、さまざまな症例を抱えた患者さんが訪れます。クリニック等で勤務する場合に比べると、スキルアップの機会も多いでしょう。

総合病院の場合は、看護師同士で、得意な部分と不得手な部分を相互に補って仕事を行なっていくという特徴もあります。そのあたりは、求人情報からだけではなかなか判断できない部分です。

患者さんや看護師の数が多いということは、人間関係も重要になってきます。看護師間での軋轢や、クセのある患者さん等の対応で、悩む事もあるでしょう。ですが、同僚が多いという事は逆に、相談しやすい仲間ができる可能性も高いと言う事です。

総合病院の求人情報は豊富にありますから、しっかりリサーチして、自分に合った求人先を見つけるようにしましょう。
公益社団法人 島根県看護協会

看護師転職-精神科について

患者数が多い内科や外科と比較すると、精神科における看護師の仕事内容には、より専門的な看護の知識・技術が求められると言えます。

日本人の国民性として「真面目」、「律儀」という点が挙げられるように、悩みを自分ひとりで抱えてしまいがちです。故に精神疾患になる方の数が他の先進国と比べても多く、「自殺大国」というありがたくない呼称を与えられています。

そのような背景もあるため、精神科で求められる看護師は、今後も増加する可能性が高いと言えるでしょう。精神科の患者さんは、心の疾患を持っているので、ちょっとした言動にも過敏に反応してしまいがちです。普段の接し方も、細心の注意を払う必要があります。

看護師としてのスキルを出来る限り高めたい方や、専門性の高い知識を身に着けたいと考えている方には、精神科の仕事はうってつけと言えるかもしれません。とはいえ、「認知症看護」や「急性期看護」といった専門的な知識をどうやって吸収すればよいかと不安に思っている方も多いかと思います。

実は、最近の精神科病院では、精神科での勤務未経験者を対象に、研修教育制度も積極的に実施しているところが多く、実務において必要となる知識や病院内の概要等を研修でしっかり身に付けてから現場に配属、という流れが基本になっていますので、あまり心配する事はありません。

また、精神科に入院される患者さんの多くは、長期入院となることが一般的です。そのため、患者さんとの意思疎通ができるコミュニケーション能力が要求されます。心の病を抱えている患者さんを診る精神科においては、他の科目よりもコミュニケーション能力の重要性はかなり大きいと言ってよいでしょう。

給与面から見ると、精神科勤務の看護師の給与は他の職種と比較すると高い傾向にあります。精神科においては、患者さんの病状によって、突発的に暴力的になったりする方もいるので、危険手当的な面を考慮した給与体系になっているところも見られます。

やりがいは大きく、給与も高めではありますが、上記のようなリスクが伴うことは認識しておくべきでしょう。

精神科勤務の看護師は、患者のメンタルケアだけではなく、自分自身のメンタルケアもしっかり行なわないと、自分のメンタルが駄目になってしまう可能性があります。そのためにも、自分の希望に合った求人募集を行なっている病院を根気よく探していくことが重要です。